忍者ブログ
自給自足生活を目指して奮闘中のえみぃ&オットと、 2人を取り巻く人々のグレートな生活の様子を愉快に 綴ります。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8
えみぃです。

今日からいよいよ手仕事展!
お客様と着物談義に花を咲かすのも、たんす屋さんで着物を見るのも楽しい、大好きなイベントです。
2年前の11月に始まって、今回で5回目の開催となりました。

回を重ねるごとに作家さんが増え、品物も多種多様になっている気がします。



てしごとどうやの目玉商品、初回は「スクエアエプロン」でした。
2回目は「ふんどしパンティ」、3回目は「フリフリ兵児帯」、4回目は「プリーツ名古屋帯」と、どんどん進化しています。
というか、イベントがあるから「新商品を作ろう」というモチベーションが生まれ、進化させてもらったというほうが正しいかもしれません。

そして、今年の目玉は「マイデコ帯留」です!
店長さんに「こんなちいさなかわいいものも始めたの?」と言われ、そういえば布もの以外は初めてですねーと。



とんぼ玉のガラスで作ってもらった、かわいい帯留。
かふぇを訪ねてくださったガラス作家のみおさんにお願いして、作っていただきました。
小さい、ぽつんと四角いのが欲しかったのです。

出来上がり、とってもかわいくてシンプルでよかったんですが、デコってもかわいいかもねと。
ネイルのストーンやパーツをトップコートでくっつけてみたら、あら簡単、かわいい。
オフするときは、リムーバーで簡単にできます。

小さいので、並べて2つとか3つとか、つけてもかわいい。
優れモノです。ご縁に感謝。

今回は冬バージョンで色々デコったのを、並べています。
写真撮り忘れちゃったので、会場で見てください(獏)。

というわけで、これからオサレして出かけるんだけど、ここんところ猫たちといちゃいちゃが足りなかったので、ブログを書きながら猫をなでなでしている今日この頃。
皆さん、いかがお過ごしですか?


ってわけで、実は手仕事展の初日は昨日だったんだけど、えみぃは欠席。
というのは、月に一度の大仕事?というかお楽しみの日だったからだ。

ホストを務めてもうじき10年の足もみの日。
官足法の施術を15年されている熊谷さんをおむかえし、もんでほしい人を集めてわいわい、体のことを話す日だ。

もともとは、暴飲暴食で生活も荒れていた良子さんの体が心配で、熊谷さんに見てほしくて、家に来てもらうようになったのがはじまり。

熊谷さんは道場(施術場所)をお持ちだけど、足をさわるだけじゃなくてその方の生活スタイルを見たい(何を食べて、どんなふうに生活されているか)ということもあり、訪問形式を取られている。
県内各地にえみぃのようなホストの方がいらして、毎日あちこち出向いて施術をされている。
えみぃは12年ほど前に希望したけど空きがなく、2年待ってようやく来ていただけるようになった。

諸の家に10時に来ていただいて、だいたい4~5人。
友達に声をかけたら、ちょうど体調を崩されていた方がいらして、えみぃ、良子とその方がベースで、プラス2人という感じで人を集めた。

忙しい中1日確保していただくし、遠方(松本)からわざわざおいでいただくんだから、人数を集めなきゃとプレッシャーがかかり、最初の数年は「ホストって大変」って思うこともあった。

でも、足をもんでもらいながらいろんな話をするうち、良子さんがどんどん変わっていく様子や、友達が「病院に行ってもよくならない」と困っていた症状が改善するのを見るにつけ、やってよかったなぁと毎回思ったものだ。

というわけで10年前から毎月1回、4年前からは場所をかふぇに移して足もみの日は続いてきた。
最近は畑で調子悪そうなおばちゃんを見ると「いい人来るよ」とスカウトしたり、かふぇにおいでいただいた方に紹介したり。また長年続けてきたので、声をかけられる人も増えたので、人数調整は本当に楽になった。
やっぱり続けるって大切だなーと痛感。

今回は、つい先日かふぇに着物を見にいらしたはじめましてさん、えみぃ、近所の飯島さん、良子の4人がもんでもらった。

えみぃは希望者が多いときは遠慮してるので、2~3か月に1回のペースなんだけど、これがいつも絶妙のタイミングなのだ。
ぎっくり腰を発症した翌日だったり、風邪ひいてるときだったり。今回も数日前につい熱を出したところで、ナイスタイミング。

というわけで、10時からの足もみに備え、8時前に畑へ。
ランチの野菜を収穫に行った。
9月に種をまいたきり、ほとんどお世話をしていないのに皆さんすくすく育ってくれちゃって、感謝しかない。



無農薬だけどほとんど虫食いのない、きれいな野菜たち。
たっぷり収穫して、かふぇへ。



まずは時計型ストーブに火を入れて、お湯をわかしたりカボチャ煮たり。
ストーブで炭に火をつけて、厠に火鉢も設置。
だいぶ寒くなったからねー。




なぜか写真が横むいちゃってるけど。
昔なつかしいぼっとんのトイレ。お客さんが落としていかれたものも、畑に入れるよ。
お茶やランチの代金はいらないけど、落とすものを落としていってね、というのがどうやスタイル。

ここでお一人目の方が到着。ほどなくして熊谷さんも到着されて、3人でお茶を飲んでしばらく談笑。そして施術が始まると、えみぃはお料理開始。


えみぃの野菜料理は「手抜き、まるごと、塩きかせ」がポイント。
凝ったことは全くしないし、調味料もシンプル。
美味しい野菜は特別なテクニックや調理法がなくても、おいしい。
そう、えみぃの料理は素材作りから始まってるのだったらなのなのだ!

野沢菜が良い感じで大きくなっていたので、即席漬けに。
生だとごわっとしているので、お湯をさっと通してから塩もみ。



しばらくほっておいてから水分を絞って、こんぶをよく混ぜてから酢醤油かけてもみもみ。
自家製醤油だから、適度に甘味もうまみもあっておいしいのだ。

かぶを刻んで塩もみしてから酢醤油であえるとか、ニンジンと小松菜を炒めて醤油+塩で味付けとか、どんどん作っていく。

お一人目が終わるころ、ランチが完成。
3人でいただいた。



新米イセヒカリの塩結び、米粉だんご汁、聖護院かぶの煮つけ、野沢菜の即席漬け、紅芯大根の酢味噌和え、春菊とカブの中華サラダ、ニンジンと小松菜の炒め物、かぼちゃの煮つけ。
だんご汁には自家製の味噌をたっぷりと使っているので、芯からあたたまるよ。

食事が済んだら、足もみ。
ここんところのハードワークで凝り固まったからだが、あたたまってほぐれて楽になる。
足裏の痛い場所で、体のどこがつかれているかわかるから、生活を見直さなければと思ったり。
最近あった出来事を話して、こころもすっとしたり。
1時間半で体もこころもほぐれてしまう。

えみぃの後は、ご近所の飯島さん家に移動して、ご主人の足もみ。
えみぃはかふぇでもくもくと縫物、帯を1本縫い上げた!

最後は良子さんの足もみ。
もう10年もんでもらっているから、足裏のツボの知識はかなりの良子。
そして最近は冷え取りにも取り組み、半身浴をしながら足裏をもんだり腹式呼吸したり。
齢72歳になるけれど、薬の一粒も飲まず、医者にも行かず、毎日元気に野良仕事したり縫物したりしてる。今は大豆の収穫の真っ最中で、毎日午前中いっぱい足踏み脱穀機を踏んでいるという。

とまぁ元気いっぱいの良子さんが楽しみにしているのは、熊谷さんとのお話。
どんな話をしてもついてきてくれるので(えみぃはついていけないことが多い)、そりゃぁもうノリノリで熱心に話をする。

ところが今回は「もういろんなことがわかってしまって、そろそろお迎えが来るんじゃないかと思ってる」と、しんみりした調子で話出した。
いつになく調子も悪そうでちょっと心配したけど、とどのつまりは「焼いて食べないといけないサバを生のままたべておなかを下している真っ最中」とのこと。

なんでも、行きつけと違うスーパーに行ったら「チンしてお食べください」という、味付けのサバが売っていたんだとか。
「チンする=あたためる」だと思った良子さんは、「冷たくてもいいや」とそのままいただいたところ、トロのようにとろけておいしかったんだとか。
2切れのうちの1切れをいただいておなか一杯になり、もう一切れは冷蔵庫へしまった。

そして夜中にお腹がいたくなり、どう考えてもサバが原因だと、冷蔵庫にしまったタッパーをもう一度見直してみると「あ、これ火を通さないと食べられないやつ?」
と気が付いたという。
ここで3人大爆笑!
普通は切り身の大きさで気が付くと思うんだが。

というわけで昨夜に腹を壊したけど、負けるもんかと朝からカステラをほおばり畑に行って、今日もちゃんと豆の収穫のノルマをこなしてきたよ!と鼻息荒く説明したあたりで元気が出てきた。
そして、最近TVで見て感動した、「目の宇宙」の話へ。
人の目の中には、宇宙にある星の数より多くの原子が存在するという。小指の先より大きいものにはすべて、たくさんの原子があり、人は30億個の10億倍、そのまた10億倍の原子がからみあってできている。それをじっくりさぐってみよう、という話。

その番組の中で「クマムシ」というものが出てくるんだが、針の先より小さな生き物なんだけど、5億年前から生息しているんだとか。
人一人に対して10億個が生存していて、火の中や氷の中はもちろん真空状態でも死なないんだって。そのクマムシがめっちゃかわいいのーと、きらきらした目で良子が言うんでどんなん?と思ってみたけど、こんなんよ。



かわいい?これ??

というわけで、クマムシ談義をする良子さんの足をもみながら、ふんふんと話を聞いてくれて、興味深そうにお話をしてくださる熊谷さんって、大人だ。
良子は満足げに「また新しいテーマが降りてきた気がする!まだまだ修行中だな」と。
足もみを始めたころとは真逆のことを言ってる(笑)。

ってわけで、体と心をほぐすだけじゃなく、おばあちゃんの生への欲求にも火をつけちゃう施術者熊谷さんという、素晴らしい方とのご縁を、本当にありがたいと思った今日この頃なのだ。

足もみに興味がある方は、ご連絡ください。
PR
<< 前のページ 次のページ >>
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新CM
プロフィール
HN:
えみぃ
性別:
女性
職業:
農婦
趣味:
育猫、育苗
自己紹介:
えみぃ・・・・オーナー
オット・・・・えみぃのオット
音次郎・・・・オス(8歳)
るん・・・・・メス(8歳)
チャーリー・・オス(6歳)
寅子・・・・・メス(6歳)
みぃちゃん・・メス(4歳)
ブログ内検索
バーコード
アーカイブ
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]