忍者ブログ
自給自足生活を目指して奮闘中のえみぃ&オットと、 2人を取り巻く人々のグレートな生活の様子を愉快に 綴ります。
[297]  [296]  [295]  [294]  [292]  [290]  [289]  [288]  [287]  [285]  [284

えみぃです。

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

新年早々、お茶の間の電気が壊れまして。
電気屋さんに買いに行ったのですが、今ってLEDのしかないんですね(汗)。
LEDはやだなーと。

リサイクルショップに行ったら、素敵なのがありました!



淡いピンクの布のシェードがついた、かわいいランプ。
当時はお高かったんじゃない?っていう感じだし、程度はとってもいいし。
それなのに2,000円という激安価格でゲットできて、うれしくて小躍りしちゃった。

茶の間はストーブのススがつくので、寝室の和風の電気を茶の間に移動し、寝室に下がりました。
見上げるとピンクのランプで妙に色っぽくなったけれど、足元はちらかってゴミだらけの寝室。掃除しよう!という気持ちになった今日この頃。
皆様いかがお過ごしですか?


ってなわけで、しれーっと年越しも終わり、新しい年を迎えたえみぃん家。
年末から年始にかけての大きな仕事があるので、いつもバタバタ慌ただしく新年を迎えるのだけれど、今年は比較的ゆっくり。のんびり過ごしている。

今日はお仕事もまぁまぁで終わったんで、オットに「何が食べたい?」と聞いたら「ハンバーグ」と言われたので、腕によりをかけてお料理しちゃったりなんかして。。。

★塩麹バーグ(えみぃん家二人分)
牛豚合びき肉 250g
れんこん 100g
玉ねぎ 200g
にんにく 一かけ
オリーブオイル 大さじ2
塩麹 大さじ1
こしょう 少々

1)玉ねぎをみじん切りにし、オリーブオイルとにんにくを炒めたフライパンで良く炒める
2)レンコンは半分をみじん切りに、半分をすりおろす
3)ひき肉と塩麹をまぜ、肉が白っぽくなるまで十分ねる←ここがかなり重要。
4)玉ねぎの粗熱が取れたら、材料をぜんぶ入れて良く混ぜる
5)両手で空気を抜くように成形し、1時間置く
6)オリーブオイルを熱したフライパンで両面に焼き色がつける
7)鉄皿に移し、お湯を張ってオーブンで10分焼く

というわけで、カラマツストーブの上に「クッキングマミー」を載せて、ハンバーグを焼いた。



クッキングマミーっていうのは、大丸家具店さんが考案したプチオーブン。
分厚い鋼鉄でできた箱で、引き出し式でトレイが出てくる。
ストーブに載せるだけで、ちっこいオーブンになってしまうという優れもの。

載せて30分もすれば、予熱はOK。
フライパンで両面を焼いたハンバーグを、鉄板に載せてクッキングマミーへ入れたら、カラマツの薪を入れて火力アップ!!

 

ピンクの矢印で差しているのが、カラマツ。
油分が多く、ばーっと燃えてあったかくなるのだ。
 
約10分で、ハンバーグ屋さんみたいな仕上がりになりましたとさ。

 
 
にんにく塩麹ソースでいただいた。
付け合せは、買ってきたブロッコリーとしいたけ、我が家のニンジン。

続けてピッツァをセット。



ほんの数分でぱりぱりに焼きあがる。
窯焼きに負けない焼き上がりだ。

先日は、ストーブで起した炭火を使って魚をあぶったり。

 

ふっくら香ばしく焼けて、おいしいのだ。

他にも湯たんぽのお湯を沸かしたり、火鉢の炭を起こしたり、えみぃん家の冬を真ん中で支えてくれてるカラマツストーブは、2013年の1月12日にやってきた。
この日のことを書いたブログ記事のリンクを最後に張っておくので、見てちょ。

えみぃが薪ストーブに興味を持ったのは2008年。
チルチンびとという雑誌を見て、いいなーと思ったのがきっかけだった。

 

当時は賃貸住宅住まいだったんで、薪ストーブを入れられるとは思わなかったけれど、薪ストーブを豊かに使いこなす先人の記事を、憧れのまなざしで眺めていたっけ。
そして、いつかそんな生活をするべし!と、オットには内緒でひそかに誓っていた。
定年する頃までには、叶うかなぁ程度の想い。

ところがっ!2009年の春、急に古い家に越すことになったことで、現実味を帯びる。
借りていた家はいわゆる高気密の家だったので、16畳ほどのリビングがガスストーブ一台で温まったんだけど、ぼろ屋はストーブをガンガン焚いても温まらない。
2012年の冬は灯油代が1リットル100円を超えるか?っていう勢いで高騰し、暖房費が痛いなぁというオットを誘って大丸家具店へ。
たしか、12月25日だった。

その時のえみぃは単純に「カラマツストーブのあたたかさを知って欲しい」というだけで、まさか導入できるとは思っていなかったんだけど、ストーブにあたってあたたかくなって「燃料はただでもらえる」というお話を聞いたオットが、帰り道で「カラマツストーブ入れるか」と。
これ幸い!とソッコーで大丸さんに電話をし、1月12日に設置が完了したのだった。

その時は薪の準備が全然なかったんだけれど、大丸さんがすぐ燃やせる丸太がある場所を教えてくださったので、すぐに薪ストーブライフが始まった。
最初は「家の中で火を焚く」ということに抵抗のあったオットも、最近では慣れたみたい。

火を焚くっていう行為は、なんだか安心するんだな。
暖を取るだけじゃなくて、お料理もできて、家の湿気も取れて、良いことづくめだし。

えみぃ達がいわゆる「高齢者」になる頃、今のように年金が支給されるとは思えない。
老後夫婦2人が生活するのに必要な資金が数千万円だというような報道もある。

頑張ってお金を貯めたとしても、病気になるor思ったよりご長寿でお金が足りなくなる場合だってあるわけで。
それに、お金っていうのはそれ自体に価値がないから、価値が下がるとただの紙切れになってしまう。

それより、衣食住を自分でなんとかできる暮らしをすることが大事なんじゃないか、そんな思いから始まった自給自足への歩み。
手間のかかることが多いけれど、手間をかける分おいしい、楽しいってことがわかった。
これからもどんどんつき進みたい。
次はいよいよ、馬かな?

ってわけで、これからもえみぃの動向をお楽しみにー!と、一人で盛り上がっている今日この頃なのだ!!


薪ストーブが来た日

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新CM
[04/24 えみぃ]
[04/23 すみえもん]
[11/22 戸谷政子]
[11/20 えみぃ]
[11/20 戸谷政子]
プロフィール
HN:
えみぃ
性別:
女性
職業:
農婦
趣味:
育猫、育苗
自己紹介:
えみぃ・・・・オーナー
オット・・・・えみぃのオット
音次郎・・・・オス(8歳)
るん・・・・・メス(8歳)
チャーリー・・オス(6歳)
寅子・・・・・メス(6歳)
みぃちゃん・・メス(4歳)
ブログ内検索
バーコード
アーカイブ
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]