忍者ブログ
自給自足生活を目指して奮闘中のえみぃ&オットと、 2人を取り巻く人々のグレートな生活の様子を愉快に 綴ります。
[96]  [95]  [94]  [93]  [92]  [91]  [90]  [89]  [88]  [87]  [86

先月撒いた麦が芽を出したー!

1217_5.jpg

びゅぅびゅぅ冷たい風が吹いて、茶色一色になりつつある畑の中、まだ2センチほどしかない若葉が寄り添って緑の筋を作ってた。

麦ってすごいなぁ、こんなに寒くても、何のお世話をしなくてもぐんぐん伸びちゃうなんて。ありがたいなぁと思わず合掌。

ミネラル供給にものすごいパワーを発揮する『藁』。稲藁は全部田んぼに返しちゃうんで、麦藁はこれから重宝することでしょう。ありがたやー。

もうちょっと大きくなったら、子供を連れて『麦踏み』をしよう。
麦は、踏めば踏むほど反発して強く育つんだってー。踏まれた麦が強くなって、踏んだ人は体が温まるし、子供が喜びそうって、退屈な冬にこんな良いレジャーはないわよって思ったら、誰かに教えたくてうずうずしてきた今日この頃、小麦って言ったらうどん派?パン派??



てなわけで、無事に小麦が芽を出して一安心。
今年の残りの作業は、冬支度と堆肥作り。

冬支度は、恒例となったたくあんと野沢菜の漬け込みのほかに、切り干し大根作りを計画した。
切干大根はお湯で戻して酢の物でよし、煮物にもよし、まだやったことないけどお味噌汁にも良い優れものなのだ。しかも長持ちするし。
天日干しのものは、甘くてお太陽様の香りがして、お湯に入れて戻しているだけで、幸せな気分になれるよ。

大根おろし用に毎年作る、青首大根。
今年はどういうわけか、ものすごく大量に種を撒いてしまって、大豊作!!
この大根を使って、切り干し大根を作るのだっ!

2年前に一度チャレンジしたときは、切り方&乾燥具合を失敗して、うまくいかなかった。
今回は切り方を工夫してリベンジだっ!!

最初は、ピーラーで薄くむいたものと、短冊切りのものをちょこっとだけ乾かしてみた。
左が短冊切り、右がピーラーよ。

1217_1.jpg

冬の乾燥した風とお太陽様のおかげで、3日でカラカラになった。匂いもまさに切干大根!でチョーコーフーン。

早速戻して料理してみると、どっちも甘くてんまかったー。
でも、大根大きくなりすぎてボケてたみたいで、シャキシャキの歯ごたえがあまりない。短冊切りのほうがんまいかな。

ってわけで、大量に作りましたー。

1217_2.jpg


直径5センチ、長さ20センチ前後の青首大根を、40本ぐらい切ったよ。
包丁を持つ右手人差し指に、軽くマメができた。腰も痛かった。


大量に葉っぱも出たので、同じく乾かした。

1217_3.jpg

大根の葉っぱには、ものすごく栄養があるし、ほろ苦くておいしい。
干した葉っぱは、刻んでお味噌汁の具にもいいし、水で戻して炒めてチャーハンや浅漬けにも一味加えてくれておいしい。

今までは葉っぱを乾かすのがメンドウで、もったいないことに畑に帰しちゃってたけど、今年はがんばって干した。


そして切干は、3日でこんなふうになった。

1217_4.jpg

すごいでしょっ!カラカラよっ!!
そして、お太陽様の良い香りがプンプンしてる。

左端にちょこっと写っている黄色いものはみかんの皮。
たくあん用に乾燥させてるのだ。
このみかん、えみぃの玄米とブツブツ交換で手に入れた、低農薬のおいしーみかん。三重県のエコファーマー寺西さんが作っているものだ。

薬を使っていない果物は、甘みと酸味のバランスが絶妙で、ほんっとうにおいしい。
赤峰さんは「果物を食べるときは皮ごといただくのがいいんよ」っていつも言ってるから、皮ごと食べてみたけど、苦味が少なくて果肉が濃厚な味だから、とてもおいしかった。

全部皮ごといただきたかったけど、たくあん用にむいて食べたのだったらなのなのだ。
このおいしいみかんの皮を入れたら、たくあんもすっごくおいしくなりそうで今からワクワク。

ちょっと話がダッフンしたけど、切干大根作りは大成功を収めた!
あとはたくあんと野沢菜漬けなんだけど、長くなったんで続きはpart2で!!






 

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
切干大根
冬の風景だね、長野の。

切干大根、実家からもらうんだけどさ。
なんときちんと保存しないと虫が発生するのよね。。。
夏、えらい目にあったわ。
知ってた?
ゆーこ 2008/12/19(Fri)12:15:44 編集
虫?
ってどんな虫??知らなかったー。

でも、輸入の小麦に虫を入れると死んじゃうっていう話もあるから、虫が生きていられるってことは、安全ってことよね。

ま、たぶん家の切干大根は夏までもたないと思いますけど(爆)。
えみぃ 2008/12/20(Sat)12:57:32 編集
懐かしの風景
小さい頃祖母が切干大根を作っていたのを思い出しました 当時は『なにコレ?』って思ってましたけど
干された大根の香りは忘れません

パート2も楽しみです(^^)
日高朝美 URL 2008/12/23(Tue)19:21:05 編集
干された大根の香り
日高さん、こんにちは!!
干した大根って、お日様の匂いですよね?
昨日、干した葉っぱをお味噌汁に入れたら、お日様の匂いいっぱいで、意外とシャキシャキしておいしかったです。
ありがたや~。

続きもがんばります。
えみぃ 2008/12/24(Wed)08:13:28 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
03 2018/04 05
S M T W T F S
1 2 3 5 6
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新CM
[02/19 えみぃ]
[02/19 すみえもん]
[12/27 えみぃ]
[12/27 すみえもん]
[05/09 えみぃ]
プロフィール
HN:
えみぃ
性別:
女性
職業:
農婦
趣味:
育猫、育苗
自己紹介:
えみぃ・・・・オーナー
オット・・・・えみぃのオット
音次郎・・・・オス(8歳)
るん・・・・・メス(8歳)
チャーリー・・オス(6歳)
寅子・・・・・メス(6歳)
みぃちゃん・・メス(4歳)
ブログ内検索
バーコード
アーカイブ
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]