忍者ブログ
自給自足生活を目指して奮闘中のえみぃ&オットと、 2人を取り巻く人々のグレートな生活の様子を愉快に 綴ります。
[81]  [80]  [79]  [78]  [77]  [76]  [75]  [74]  [72]  [71]  [70
アイリスシーズンはそろそろ終わり。
下の写真はフライツ・オブ・ファンシー。シーズン始めから咲いて、まだちょびっとだけど咲いてる。
今年はすごくたくさん咲いてくれてありがとうー。

0610_1.jpg

今年は例年より気温が低いせいか、お花が長持ちしてるし、色がきれいだ。
毎年、お花が咲き始めるとあっという間の1ヶ月だけど、今年はとくに早かったなー。
だけど、ご近所さんから遠くの方まで、たくさんの方に畑を見ていただけて、喜んでいただけてうれしかった今日この頃、みなさんの庭にはジャーマンアイリス植えてます?なに、植えてない??ぜひ道の駅に来てお買い求めください(笑)。


てなわけで、去り行くアイリスシーズンの感傷にひたっている余裕はないえみぃ。
翌週に迫った田植えの準備をおわらせなきゃ。

残っている作業は、水路の確保と代掻き。
えみぃん家の田んぼのあたりは水が冷たいので、田んぼの後ろに水路を作って、水を温めてから入れたいなぁと前から思っていたのだ。

土曜日、朝6時30分に畑へ行って、アイリス屋で販売する花株を準備。オットとリョウコが株を掘って、えみぃが新聞でくるむ。
1時間ほどで準備が完了し、オットは道の駅へ。えみぃは農作業の日。それなのに、あぁそれなのに、それなのに、えみぃったら長靴も帽子もテッコも忘れるという大失態!やる気あんの?

オットの帽子と長靴(もちろんサイズは合わない)を借り、リョウコにテッコを借りた。

過酷な田んぼの作業の前に、リョウコと畑でアイリスを鑑賞。これキレイねー、あれもいいねーなんて、最初はじっくりアイリスを見てるんだけど、そのうちに株元の草が気になり出すリョウコさん。

リョウコ「この草をぬかねぇと、アイリスが腐っちまう」

と言うやいなや、座り込んで草を抜き始める。こうなると、誰も彼女を止められない。
一心不乱にむしっていく。えみぃもつられて、抜き始める。

雨上がりだったせいか、気持ちよく抜けた。こういう草むしりって、ストレス解消になるよ。
楽しいし、アイリス達も喜んでる。だけど、今日はこんなことをやってる場合じゃないのだ。

えみぃ「そろそろ作業始めようか」
リョウコ「そうだな」

何より優先すべきは田んぼの作業。なんだけど、この前植えそびれたピーマンちゃんを定植しなくちゃいけないので、弟におまかせして、ちょっくら畑へ。

植えるところはすでに作ってあったんで、すぐ終了。さて、田んぼに行こうかなと思ったら、ボスが「みょうがのまわりの草抜きしりや」というので、了解しました!と草取り開始。

0610_4.jpg

どれがミョウガだかわかんないほどの草原になっていた。これからミョウガのシーズンだもの、きれいにしてあげなくっちゃ。
やぶの中に座り込んで、草を抜く。

昔は、やぶの中に座り込んでいるリョウコさんを見て「すげー」と思ったもんだ。
だって、蛇とか獣とか虫とか、何が潜んでいるやらわからないヤブだもん。まずは自分の座る場所をきれいにして、ヤブから顔を離してしゃがみ込んだ。

だけど、今はぜんぜん怖くなくなって、ジャングルの中にガサガサって顔から入って行ける。リョウコにちょっとだけ近づいた気がしてうれしい反面、これでいいのか?とわずかに残った「女」がブレーキをかける。複雑。

ジャングルの中にもぐり込むと、ミョウガをよけながら、草を抜いていく。雨上がりだから面白いように抜ける。
iPodはオットに取られちゃったんで、7年前に買ったSONYのワイアレスウォークマンでMadonnaのHardCandyを聞きながら、ノリノリで草むしり。
ときどき鼻歌なんか歌っちゃったりして(笑)。

この草むらは、なんだかいい香りがする。ミョウガとハーブの香りだ。蛇や獣が出てくる気配はまったくなく、ときどき虫がにょろろんと出てくるけど、そんなのはおかまいなし。

リョウコも、あちらこちらの草抜き中。草抜きが一番好きというだけあって、始めると止まらない。田んぼのことを気にかけつつも、2人でもくもくと草抜き。

お昼近くなって、それでも弟がひからびていたらやばいからと、お茶を持って迎えに行った。
案の定、のどがカラカラ&お腹空いたーって顔をしてた。
木陰で3人、お弁当をいただいた。


午後は田んぼ作業のお手伝い。弟が作った水路を、畦シートで補強する作業。
そんなに難しい作業じゃないんだけど、田んぼの中の移動がつらい。だって、サイズが合わないオットの長靴だもの。
さらに、中腰での作業なので、腰がすぐ痛くなっちゃう。

足が取られ思うように動けなくて何度もひっくり返りそうになりながら、時々腰を伸ばしながらの作業。
思ったより進まない。

どきどき道路を行き交うご近所さんは「何をしてるんだろー」と不思議な顔で見ていく。周りの家はほとんど田植えが済んでいるのに、家は今水路を作っているところだもの。あー、また有名になっちゃうわ。

弟はクワでひたすら水路を掘り、土を持って山を作っている。もちろん水糸を基準にして。
その作業の丁寧たるや。脱帽もの。
同じ兄弟なのに、どうしてこんなに性格が違うんだろうねー。不思議。

なんて関心しつつ、途中お茶を飲んだりしつつ、4時過ぎ、やっと半分。
お互い腰が限界だったし、5時には道の駅にオットを迎えにいかなくちゃいけないからと、作業を終えた。


日曜日はえみぃが店番の日。
オットはアイリスの仕事やら、あちこち出かける用事があったんで、田んぼは弟におまかせ。
オットも用事が終わったらお手伝いするよーと言ってたんだけど、行ってみたら終わっていたみたい。

店番が終わって田んぼの様子を見に行くと、代掻きが終わるところだった。

0610_3.jpg

水路もバッチリ、出来上がっていた。

0610_2.jpg

すごいでしょ?間違いなく、村一番の水路よっ!

てなわけで、弟くんの大活躍により、田んぼの準備はほぼ完了。あとは田植え3日前にもう一度代掻きをすればよいだけ。


なのだけど、肝心の苗の調子が、いまひとつ。

0610_5.jpg

長さも太さもまだ足りない。
「がんばって~」と毎朝声をかけ、新鮮なお水をたくさん送って、なんとかあと1週間元気に育ちますように。

みなさんも祈っていてください。

そうそう、告知が遅れましたが、家族総出&信州なずなの会の一大イベント「田植え会」は6月14日土曜日でございます。朝9時に道の駅雷電くるみの里にお集まりください。







PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新CM
[04/24 えみぃ]
[04/23 すみえもん]
[11/22 戸谷政子]
[11/20 えみぃ]
[11/20 戸谷政子]
プロフィール
HN:
えみぃ
性別:
女性
職業:
農婦
趣味:
育猫、育苗
自己紹介:
えみぃ・・・・オーナー
オット・・・・えみぃのオット
音次郎・・・・オス(8歳)
るん・・・・・メス(8歳)
チャーリー・・オス(6歳)
寅子・・・・・メス(6歳)
みぃちゃん・・メス(4歳)
ブログ内検索
バーコード
アーカイブ
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]