忍者ブログ
自給自足生活を目指して奮闘中のえみぃ&オットと、 2人を取り巻く人々のグレートな生活の様子を愉快に 綴ります。
[185]  [184]  [183]  [182]  [181]  [180]  [179]  [178]  [176]  [175]  [174
えみぃです。すっかり寒くなりました~。
たくあん用の大根の水分がいい感じに抜けてるんだけど、いろいろ忙しくてまだ漬けられない。
例年、そんな調子で年を越えてしまい、カッサカサに乾いた大根をあわてて麹に漬けたり味噌に漬けたり。
それはそれでおいしいんだけど、今年はどうしてもたくあんを仕込みたい。

っていうのは、えみぃん家の糠があるからだ!
玄米常食のえみぃん家は糠ごといただいちゃってるんだけど、今年はあちこちに配るため、コイン精米ガツンと精米したから、糠があるのだ。
糠が出てくる部屋に新聞紙を敷いて、えみぃん家の糠だけ取り出すことに成功!我ながら、うんまいこと考えたわー。
無農薬&無化学肥料でえみぃが丹精込めたお米からとれた、超ウルトラスーパー貴重な糠なのだよ。

これで作るたくあんはどんな味がするんだろ~。想像しただけでヨダレが出ちゃう今日この頃。
みなさん、たくあん仕込みは終わりましたか?


ってなわけで、年がら年中バタバタ慌ただしくしているえみぃだけど、これから来年2月まではいまだかつてない大きな山が控えてる。仕事量は、、、未知(笑)。だれも経験したことないから、わからんのじゃー。

予定は未定だけど、やらなくちゃいけないことはてんこ盛りという、恐ろしいスケジュール。
すごいでしょ。

お客さんから「大丈夫ですか?」って打診されたとき、「大丈夫です」って言っちゃった。
だって、できる気でやらなきゃ、できないもの。

一緒にお仕事している人たちは、未知の仕事を恐れてガクガク・ブルブルってなってるけど、えみぃは心配してない。
だって、どうなるかわからないことを心配したってしょうがないから。
どばーっと仕事が来た時に、冷静に対策を考えようと思っている。

この山のことがわかった2年前、ひょっこり昔の友達に再開。お仕事探してるっていうんで、お手伝いをお願いした。
お子さんが小さいので半日だけのアルバイトさんだけど、今ではバリバリとお仕事こなしてくれてる。
そして半年前、仕事なくなったーって弟が言ったもんで、手伝ってもらうことにして今教育中。
たまたまなんだけど、この仕事にむいてるらしくて、楽しくやってくれてる。

それまではえみぃとオットと在宅で作業をしてくれてるまっこちゃんの3人月だったけど、今では職人くんとまきぴんという2人が加わって、MAXで5人月のパワーを手に入れた。
ドラクエで言うと、銅の剣がハヤブサの剣になったくらいの威力があるのだったらなのなのだっ!

っていうわけで、何の根拠もなく「できます」と言ってから自然に無理なく今に至ってる。
5人で力を合わせれば、きっと乗り越えられる!!


本当は夏ごろから忙しくなる予定だった。
去年から携わっている俊智コンサート。今年もお手伝いすることになっていたけれど、お仕事忙しくなったらきびしいなーって正直思っていた。

でも、なんとかなるさーと、今年もお手伝いを決め、「楽しいコンサートにしましょう!」「受付のことは任せてください」って宣言。

俊智コンサートは、俊智さんにほれ込んだ親しい仲間たちで運営されてる。中心でやってる人たちはほとんど出演者なので、受付にえみぃが入ったことで出演のほうに集中できるって喜んでくれた。
えみぃも赤峰講演会を何度も運営してたから、受付業務だけは自信あり。需要と供給がマッチしているのだ。

だのに、今年はなななんと「循環のうたのステージでピッコロ(フルートの小さいやつ)を吹きます」ってう無茶な提案までしてしまった。

循環のうたの伴奏は、CDではピアノ+ナイロンギター+ドラム。
去年のコンサートではピアノ伴奏だけで歌ったけど、ナイロンギターの「テンテテンテンテテテン」のかわいらしい調べがなくてさみしかった&CDを聞きなれてるJr.が歌い出しに戸惑った。

ナイロンギターの調べをなんとか再現できないかって考えた。ギターはピアノと同じ弦楽器だから、音が飲まれて聞こえないんじゃないかとか、マイクをギター用にセッティングするのが大変じゃないかと個人的に考えをめぐらせた結果、笛はどうだろうと。

縦笛は結構得意なえみぃだけど、見た目が地味だよね。
ピアニカっていう手もあるけど、大人がピアニカ吹く絵ってどうだろう?
ってわけで、ピッコロがいい!と思いついちゃった。

ピッコロっていう響きもいいし、見た目もかわいい。
経験はないけど、昔フルートをプーって吹いたことあるし、なんとかなるさ。

で、実行委員会で「ピッコロ吹きます」って言っちゃった。あはは。
俊智さんもほかのみなさんも、いいね~って言ってくれた。ありがと。

そうと決まれば動きは早いえみぃ。
ピッコロ購入に向けて、ネットサーフィン。

しかし、、、、お高い。安いものでも10万円以上する。
ものすごく安い中国製のものも出回っているけれど、音が出ないっていうケースがあるとな。

んー、困った。吹けるかどうかわからん楽器に10万円も出せないし。
かといって、安いと言っても1万円する中国製を買って音が出なくても困る。
なにか良い手はないものかと探していたら、レンタル楽器っていうものを見つけた。

短期だと割高だけど、素敵な楽器が中国製と同じぐらいのお値段で借りられる。
ナイスな仕組み。

FAXに必要事項を記載して送ったら、翌日には届いた。
すごい、便利な世の中だわね。

IMG_0876.JPG

届いたのが10月中旬、コンサートは11月23日だから余裕~。
俊智さんに楽譜をいただいて!いざっ!!練習するわよ。
と思っていたのだけれど、10月中旬からバンバンお仕事入ってきちゃって(汗)。

時間をみつけて指使いを調べて吹いてみると~。
問題発覚!!音階が足りないの。くすん。

いや、えみぃに技術があれば、高い音はいっくらも出るんだけど、高音は出ない。
そして低音がないって感じ。
レ ミ ファ ソ ラ しか出ない。
ピッコロを舐めてましたー。

どうすっかなーとモジモジしている間に時は過ぎ、11月4日のリハを迎えちゃった。
ピアノのひろみさんに「ピッコロ入れますか~?」と言われたのだけど、、、俊智さんに告白。
「音が足りません」

すると俊智さん、えみぃの音階を確認すると、その場で作曲してくれちゃった。
すごーーーーい。
それならなんとかいけそう。

ってわけで、お外で1人練習。
場所は佐久市の「なんだ館」っていうところ。大通りに面していて、車も人もたくさん。
でも、恥ずかしいなんて気持ちはなかった。
とにかく、吹けるようにならなくちゃ。

お外で1人で吹いてみると、なななんと今までにないぐらい良い音が出る出る~。
店舗、じゃなくて天保、でもなくてテンポが速い曲なんで、指使いがおぼつかない感じはあるけれど。

ミニスカ一家も到着して、循環のうたのリハーサル。
いち、にぃ、さん、はいっ
で吹き始めるも、シューシューって音しか出ない。
あり??本番に弱いのかな??

チビスカとJr.はピッコロがめずらしいらしく、釘づけで見てる。
で、音が出ないもんで「えみぃちゃん、しゅーしゅー言ってる」って大笑い。
うぬぬぬー、本番までには絶対音を出すぞ!と心に誓った。

そしてあっちゅー間に時が過ぎ、コンサート当日。
奇跡的にお仕事が切れてくれて、循環のうたで着るTシャツと俊智コンサート記念Tシャツの制作も間に合った。

IMG_0944.JPG

コンサート用にデザインした、神草、神虫、神菌Tシャツ。
なんちゃってデザイナーのえみぃだけど、なかなかの出来。

黒いTシャツはコンサート記念Tシャツなんだけど、今年は俊智さんの似顔絵入り。
デザインはかなり前から考えていたのだけれど、似顔絵がちょっと怖い顔になってて、前日の朝書き直してぎりぎりセーフ。こっちもなかなかのできばえ。

実行委員会で「かっこイイTシャツ作ります!」と宣言したから、できちゃったんだろうと思う。
うん、やっぱり言ったもん勝ちなんだ!

Tシャツもできたし、あとはピッコロかって感じだったんだけど、えみぃは受付責任者のため当日はお客様の受け入れ準備やらなにやらでほとんど練習できず。
あっちゅー間にコンサートが開演になり、受付を片づけて会場内へ。

shunchi.jpg

ピアノも歌も絶好調に走ってまんがな。会場も熱気ムンムン。
かっくいー!と見入ってしまい、自分の出番のことなどすっかり忘れた。

素敵な演奏の合間に綾小路きみまろも真っ青の漫談や寒いギャグも飛出し、会場のお客さんの心をがしっとわしづかみ。

デクノボーの雨にも負けずっていう曲では、りりぃさんにピアノ伴奏をタッチして、なななんと俊智さんがダンシング!!!
ハイキックも飛び出して思わず「おぉぉーっ」と叫んでしまった。クラッカーもパンパン鳴って、大興奮。


と、前半が終了し休み時間に。今年は盛りだくさんな感じだなー、と感心している場合ではない。
ピッコロを練習しなければっ!!
が、休憩明けはTOKYO BOWZさんが登場なのだ。とりあえず、ピッコロををケースから出し、にぎりしめて温めることに。

休憩明けて、幸村&真田十勇士登場!!
TOKYO BOWZさんバージョンの忍(しのび)。
かっくいーーー(><)!!!

shunch2.jpg

中央で赤い陣羽織を着ているお方が、幸村さまよっ!
気合いの入ったパフォーマンスに、会場は水を打ったように静かになった。

そして再び俊智さんが登場。
BOWSさんのキラキラステージから、しっとりバラードへ。
俊智さんも負けてないなー。
メリハリのある、よいステージだわ。

と見入っていたのだけど、最前列でおとなしく聴いてたチビスカたちが出番を意識してそわそわしだした。
えみぃもいい加減ピッコロの音を確認しないと心配になったんで、一緒にお外に出て練習。

今回はチビスカ、Jr.、しおりちゃんの3人がぼんぼんを手にダンスを踊ることになっていて、会場に来る前練習をしてきていた。最初ははずかしーって言ってたJr.も、しっかり踊れるようになった。
心配していたえみぃのピッコロも鳴る鳴る~。
調子が良いみたいだわ。

そしていよいよ出番!
鼻息あらく登壇したえみぃだったけど、俊智さんに「今日はピッコロ演奏もあります」と言われて思わず、マイクにむかって「音が出なかったらすみません」って言っちゃった!

はっと思ったときすでに遅し。
本番は音が出ませんでした(爆)。

それでもまぁ、楽しそうには吹けたし、かすかだけど音が聞こえたところもあったし、ステージそのものはわいわい楽しくできたからいいかって、終わってしまえば思えたけど。
「音が出なかったらすみません」って言っちゃったからいけなかったんだ。

shunchi3.jpg

言霊って言うぐらい、言葉には魂が宿ってる。
マイナスなことを言うと、マイナスの方向にひっぱられてしまう。
だから、プラス思考でプラスの言葉だけを言おうと思ってる。
だいぶそうなってきていたけど、やっぱりまだ修行が足りんのう。

それにしても、俊智さんのコンサートのお手伝いをするようになって、これも自給自足だよなぁと思うようになった。
最近はお金を出してどなたかが作ってくれたステージを見るっていうのが一般的だけど、仲間と一緒に作り上げてわかちあうっていうのもよいもんで、太古の昔はそうやって楽しんで来たんじゃないかなーって。

ちょっと話がダッフンしたけれど、有言実行っていう言葉、昔は「言ったことは実行しなくちゃいけない」っていう意味だと思っていたけれど、今では「言ったことは実現する」だと思ってる。
これからも、やりたいこと、なりたいことはどんどん口に出して叶えちゃえ~と思う、今日この頃なのだ。


俊智さんのコンサートはYouTubeで見られます。
俊智コンサート2012


循環の歌もあるよ。
循環のうた アイリス畑編





PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新CM
[04/24 えみぃ]
[04/23 すみえもん]
[11/22 戸谷政子]
[11/20 えみぃ]
[11/20 戸谷政子]
プロフィール
HN:
えみぃ
性別:
女性
職業:
農婦
趣味:
育猫、育苗
自己紹介:
えみぃ・・・・オーナー
オット・・・・えみぃのオット
音次郎・・・・オス(8歳)
るん・・・・・メス(8歳)
チャーリー・・オス(6歳)
寅子・・・・・メス(6歳)
みぃちゃん・・メス(4歳)
ブログ内検索
バーコード
アーカイブ
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]