忍者ブログ
自給自足生活を目指して奮闘中のえみぃ&オットと、 2人を取り巻く人々のグレートな生活の様子を愉快に 綴ります。
[132]  [130]  [129]  [127]  [126]  [125]  [124]  [123]  [122]  [121]  [120

毎日暑いね~。
でも、夏は暑くなってくれないと困るのだ。

良いお天気が続いたんで、恒例の梅干しも無事終了。
今年もんまいのができたよー。

イネ達はぐんぐん成長中。
野菜たちも今年は大豊作。
きゅうりなんて、1日見ないとえらいビッグに。
毎日せっせと収穫しては、毎日楽しんでる。

かわいそうなのは猫たち。
涼しいところを探してウロウロしてたかと思うと、ぱたっと倒れてぐったり。

0729_3.jpg

でも、大人しくて仕事がはかどるわー。


水分と塩分をたっぷり採って、家の中でもだらだら汗を流してる今日この頃、皆さん熱中症対策は大丈夫ですか?



ってなわけで、毎日暑いんだけど、今年の夏は冷え取りに本格チャレンジ中。
靴下を4枚履いて、レッグウォーマーをして、足元を完全防備。

聞くだけで暑い~という声が聞こえてきそうだけど、見てさらに暑苦しくなってください。

0729_2.jpg

①絹の5本指、②綿の5本指、③絹の先丸、④綿の先丸というふうに、4枚履くのだ。
そして膝下からくるぶしまでの絹のレッグウォーマーを履いて完了。
1センチぐらい大きな足になって、普通の靴ははけない。
だので、もっぱら家の中だけなんだが。

見ると暑そうだけど、意外と涼しいよ。
素足でいるより、よっぽどさっぱりしてる。

秘密は一番下に履いている絹の5本指。
絹はまゆからできているでしょ。
まゆは蚕が作る寝袋みたいなもので、ガになって飛び出すまで中で生活するため、寒いときは冷気を暑いときは熱気を遮断してくれるんです。
さらに、蚕が呼吸で出す湿気や毒素を外に出し、外からの毒素は入れない。すぐれた繊維なのだったらなのなのだ。

だので、レッグウォーマー&5本指靴下が肌にさわってるひざ下は、いつでもスースーしてて気持ちいい。
本当は絹のももひきを履きたいところなんだけど、ちょっとお値段がいいので考え中。


ってわけで、えみぃが履いている靴下を紹介。
シルクふぁみりぃっていう通販のお店でゲットした、ズバリ冷え取りセット。

0729_1.jpg

ここはとても良心的なお店で、靴下4枚入ったセットがなななんと1,980円。
絹のレッグウォーマーは1,000円なのだ。

全部薄い靴下だから、朝洗濯すれば夕方には乾く。
2セットあれば毎日履けるよ。


とまぁ、なんでこんなことをしてるかっていうと、毒を外に出すためだ(笑)。

現代人はとても体が冷えているらしい。
原因は石油からできた繊維を身につけるようになったことや、肌の露出が増えたことや、電気の暖房器具を使うようになったことや、冬でも夏の野菜を食べられるようになったこと(冬にきゅうりやトマトをいただくと、体がものすごい冷えるよ)などいろいろ。

冷えるとどうなるかって言うと、まず血のめぐりが悪くなる。
血のめぐりが悪くなると、酸素やその他の栄養が末端に届かなくなり、末端の細胞が活動してできた二酸化酸素や老廃物が出て行かなくなる。
ってことで、末端の細胞の働きが悪くなったり、狂ったり。それが病気の原因になるっていうわけ。

さらに、人には血のめぐりのほかに「気のめぐり」っていうものが重要らしい。
下がる性質をもつ陰の気と上がる性質の陽の気っていうのが、体の中をぐるぐるまわっているのが健康な状態。
陰の気は冷たいところが好きで、陽の気はあたたかいところが好きだから、足が冷えて上半身が暖かい人は、陽の気が降りれなくなり、陰の気が上がれない、つまり気がめぐらなくなるというのだ。

こういうふうに、上下の温度差が出来た状態を「冷え」と言う(んだって)。

サーモグラフィーで体を見ると、心臓を中心に上半身が37度前後あるのに対し、足元は31度ぐらいなんだってー。だから、足元は重ね履き&上半身を薄着にしてバランスを取る必要があるのだ。



足元を温かくしていると、体全体の血行がよくなって内蔵の働きが活発になる。
そうすると、内蔵にたまっていた毒が体の外にどんどん出てくる。

人によっては足が腫れたり、できものができたり、だるくなったりいろいろらしい。
足には内蔵と関連するツボがたくさんあって、靴下が傷む(穴があく)場所で体の悪いところがわかるんだってー。
えみぃはまだどこも穴あいてないけど。

完全に冷えが取れると、すごくいいことあるよー。
冷えのない、本当の健康体の特徴二十項目。

・顔色が薄くなり、肌につやが出る(ほっぺ赤いの取れるかなー)
・シミ、ほくろ、魚の目がなくなる(魚の目はもってないけど)
・髪が生え、白髪もなくなる(関口宏さんみたいな状態で困ってるのよー)
・疲れにくい、回復が早い(今より早くなったら超人の域だけど(爆))
・適応力が強くなる(時差ぼけとか、異常気象がこたえなくなるんですって)
・規則正しい生活をしなくてもかまわない(これいいねー)
・運勢を気にしなくなる
・心がしっとりおだやかになる
・何を食べたらよいかわかる(冷えが取れるとお酒要らなくなるんだってー。困る?)
・体の中で合成できないとされているもの(ビタミン、アミノ酸、その他)ができる
・水気がなくてもトーストが食べられる(食べられない人は糖尿病予備軍ですって!)
・怪我はあまりしない(あたしは怪我ばっかだわ)
・虫に刺されなくなる(今は刺されまくりよっ)
・体臭や口臭、足の匂いが取れる(おならも臭くなくなるんですってよー)
・フケ、アカが減り、肌着の汚れが少なくなる
・化繊を身に着けなくなる(化繊が気持ち悪くなるってことかしら)
・呼吸が深くなる
・こまめに動くようになる(あー、これ絶対必要)
・睡眠、排便にクヨクヨしなくなる
・暑い、寒い、空腹が苦痛でなくなる(もうブッダの域ね)

とまぁ、なんだかすごいわねー。

実は冷え取りのことは、数年前から知っていたのだ。
そのときは化繊の5本指の上に先丸靴下を重ねてはいて、腹巻きを半年しただけだったんだけど、生まれてこのかた苦しんでいた冷え症(冬になると手足が冷たくて寝れない)が治ってしまった。
こりゃぁすごいと思って関心したけど、4枚履く気にはならなかった。

だけど、最近体のことを考える機会がいくつもあって、ぴんぴんころりとあの世に行くには、健康な体を作っておかにゃーいかん!と本気で考えた、
そして、シルクふぁみりぃさんという、とても良心的でナイスなグッズを売っているお店を友達がみつけてくれたので(シルクの肌着とか、すごく気持ちいいよー)、本格的に冷え取りを始めたのだ。
あ、もとい、本格的な重ね履きです。

本格的な冷え取りってのは、以下のとおり。

・靴下を重ね履きする
・下に厚く、上に薄く着る
・半身浴・足湯をする
・食べ過ぎない。陽の食品を多く、自然な食品を摂る
・絹・木綿など天然繊維を主に着る
・腹式呼吸をする
・自分本位はやめ、他人本位に考える生き方をする
・上記七つに従い、日常生活を正しくする

食べ過ぎない、自分本位をやめるってのが難しいわねー。
半身浴は心がけてるけど。

ってわけで、えみぃの場合は重ね履きと食生活なんだけど、始めてみてびっくりしたのは、蚊にさされてもそんなに腫れないってこと。
寝ている間に何か所も刺されて、カイーってなるんだけど、朝には腫れが引けてるのだ。
足から毒がいっぱい出てるってこと??とびっくりしてるとこ。

初めて「冷え取り」という言葉を見た人は、キツネにつままれたような気分かもしれないけど、冷え取りで病気を克服した人や体質改善をした人がたくさんいることは事実なのだ。
えみぃはこの夏から本気モードの重ね履きで、冬ごろにはつるりんとした美人になっていると思うので、お楽しみにー。


1,980円の靴下で始められることなんで、だまされたと思って一度はチャレンジしてもらいたいと思う、今日この頃なのだ。
 

*参考図書
病気にならない「冷え取り」健康法 進藤義晴著

*シルクふぁみりぃのショップはこちら
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新CM
[04/24 えみぃ]
[04/23 すみえもん]
[11/22 戸谷政子]
[11/20 えみぃ]
[11/20 戸谷政子]
プロフィール
HN:
えみぃ
性別:
女性
職業:
農婦
趣味:
育猫、育苗
自己紹介:
えみぃ・・・・オーナー
オット・・・・えみぃのオット
音次郎・・・・オス(8歳)
るん・・・・・メス(8歳)
チャーリー・・オス(6歳)
寅子・・・・・メス(6歳)
みぃちゃん・・メス(4歳)
ブログ内検索
バーコード
アーカイブ
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]