忍者ブログ
自給自足生活を目指して奮闘中のえみぃ&オットと、 2人を取り巻く人々のグレートな生活の様子を愉快に 綴ります。
[68]  [67]  [66]  [65]  [64]  [63]  [62]  [61]  [60]  [59]  [58
予想に反してイベントがてんこもり&仕事が忙しく、あっちゅー間に過ぎたここ1ヶ月。
それぞれ記事にしたい気もあるんだけど、今後もイベントが盛りだくさんなんで、サクッとダイジェストでお届けしちゃう。

毎年恒例、チビスカのハッピーバースディ&雛祭り会。チビスカは今年から小学生。
なんかもう、少女の域に達したよね。バースデーケーキはミニスカの指示により、チビスカがデコレーションしたそうだ。すごく上手でびっくり。

ad224e0c.jpeg


東京で、義兄&まりぞうとテニス対決もした。オットと義兄は高校から部活動でテニスをしてて、まりぞうはちっさいときからスクールに通い、現在は中学校のテニス部で猛練習中という玄人3人に対し、えみぃは今回が7回目?というまったくの素人。前回はほとんどラケットに当たらなかったんだけど、なぜか調子が良く、サーブも入ったし、レシーブもできちゃったりして。
まりぞう家vsえみぃ家のダブルス対決はもしかして?なんて淡い期待を持ったけど、やっぱりストレート負け。すまぬ、オット。
写真は、途中立ち寄った喜多院の五百羅漢で自分探しをするオット。

rakan.jpg

そして、相変わらずアルストロメリアは咲き乱れている。

aru.jpg

てなわけで、3月始めはまだ寒かったんだけど、ここ1週間は急にあたたかくて、にわかに春の気配を感じる今日この頃、みなさんいかがお過ごしですか?


前置きがすごく長くなったけど、先週、オットがちょろっと畑の様子を見に行ったときに、フキノトウをとって来てくれたので、フキ味噌を作った。

なんちゃってマクロビアンえみぃのレシピを公開。

まずは調味料を準備。
これはフキノトウ20個ぐらいに対して、味噌大さじ2、しょうゆ小さじ1、みりん小さじ1。(お砂糖は使わないのが、えみぃ流)
あらかじめ、よく混ぜておく。

フライパンになたね油を入れて、あっためる。
このとき、油をケチらないことが重要。今回は、もったいなくも、ものすごい競争率を競り勝ってゲットした、「なずなのなたね油」をおしげもなく使用。

fuki1.jpg

油があたたまったら、細かく刻んだフキノトウを入れて炒める。しんなりしてきたら、調味料をフライパンに投入してあえる。長く加熱しない。

fuki2.jpg

これで出来上がり。ほろ苦くて、お酒によく合う大人のフキ味噌が完成!

というわけで、この日は玄米に合わせていただいた。

fuki3.jpg

甘みのある玄米とほろ苦いフキ味噌はすごく合う。何杯でも食べられそうだ。
あと、切干大根の煮物も作った。いつも干ししいたけを戻して入れるんだけど、なかったのでエノキを入れてみた。切干大根のシコシコした食感の中につるんとしたエノキが居て、なかなかおもしろかった。

えみぃは、玄米4合に対し、自然塩を小さじ2と古代黒米を少々入れて炊いてる。
玄米がモチっとするし、塩によって甘みが強くなるので、すごくおいしいのだ。

なんちゃってマクロビアンの煮物は、お砂糖は使わない。写真の切干大根も、塩としょう油だけで味付け。

ついでにレシピを紹介すると、、。

まず、切干大根をたっぷりのお湯で戻す。戻した汁も使うので、捨てないように。

次に、鍋になたね油を入れてあたため、うるめ削り(荒削り、かつおぶしでもOK)を入れる。
このときも、なたね油をけちっちゃいけません!

natane.jpg

うるめ削りがシャーっとなったら、戻した切干大根の汁を切って入れ、全体に油が行き渡るように、軽くあえる。
ニンジンやしいたけなども入れる。

油が全体にまわったら、戻し汁をひたひたまで入れてしばらく煮る。
ニンジンやしいたけなどに火が通ったら、塩としょうゆで味を調える。これで終わり。
大根となたね油の甘み&うまみがマッチして、おいしいよ。
所要時間は切干を戻す時間を入れても20分ほど。簡単でおいしいので、ぜひお試しあれ。


ついでにお味噌汁の作り方も。
化学調味料はもちろん使いたくないけど、鰹節や昆布で出汁を取るのってけっこうめんどいよね。
でもご安心あれ、削り節だと簡単よー。

お鍋に野菜と水を入れて煮て、グツグツになったら削り節(えみぃはかつお&いわし&さばの混ざったやつを使ってる)を入れて、さらに煮る。

miso.jpg

野菜に火が通ったら火を止め、味噌を入れる。
簡単でしょ?
削り節ごといただくんだけど、おいしいよー。

てなわけで、フキ味噌をいただいて春を実感。
さらに、ナズナやセリやたらの芽やウドなど、思い浮かぶのは春の山菜ばっかりで、やっぱり花よりだんごだなぁと思う、今日この頃なのだ。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
こんにちは!
お誕生日、おめでとうございます!!ロウソクを吹き消す表情がとっても可愛いですね。どんどん大きくなるんでしょうね~

フキ味噌、見てるだけでお腹が減ります…
何故かえみぃさんのブログを見る時いっつもお腹を減らしてるんですよね(笑)
at-mi 日高 URL 2008/03/23(Sun)16:39:03 編集
こんばんは!
日高さん、いらっしゃいませ。
他人の家の子は成長が早いです。うれしいような、さみしいような。

フキ味噌、おいしいですよ。春の味です。
お届けしてさしあげたいぐらいです。
えみぃ 2008/03/23(Sun)21:09:37 編集
無題
まりぞうちゃんが中学生になっていることに、軽く衝撃。

フキ味噌、いいよね。
大好き。
お店で食べるフキノトウって、なんであんなに風味がないのか不思議。
実家で勝手に自生しているのと天地の差だわ。
自然モノっておいしいね。
ゆーこ 2008/03/24(Mon)21:19:48 編集
フキ味噌
お店で食べたことないからわからないけど、収穫してor調理して時間がたっているとかかな?
いずれにしても、収穫してすぐ作るフキ味噌はおいしいよね。私はアク抜きしないから、すっごい苦いけど、その苦味が良いのだ。

まりぞうはおっきくなったよ。もう私より背がでかい。衝撃だね。
えみぃ 2008/03/25(Tue)08:04:21 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
消費者を誤認させる塩の表示(自然塩・自然海塩・天然塩)
塩にはしばしば「自然」「天然」という言葉が使われることがあります。 「自然塩」「天然塩」「自然海塩」などがその例となりますが、 ・東京都の指針によれば こういった「自然」・「天然」という用語をしないよう示しています。 http://www.metro.tokyo.jp/INET/OSHIRAS
URL 2008/04/16(Wed)07:38:13
自然海塩とは?(しぜんかいえん)
自然海塩とは、専売公社で販売するもの塩を差別化するために用いられたコマーシャル目的の用語。 同意語として「自然塩 」・「天然塩 」、反意語で「化学塩 」があるがそのいずれもが学術用語ではなく公正取引委員会からも優良誤認表示としての示唆がされている。 昭和5
URL 2008/06/06(Fri)23:51:15
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新CM
[05/14 すみえもん]
[02/19 えみぃ]
[02/19 すみえもん]
[12/27 えみぃ]
[12/27 すみえもん]
プロフィール
HN:
えみぃ
性別:
女性
職業:
農婦
趣味:
育猫、育苗
自己紹介:
えみぃ・・・・オーナー
オット・・・・えみぃのオット
音次郎・・・・オス(8歳)
るん・・・・・メス(8歳)
チャーリー・・オス(6歳)
寅子・・・・・メス(6歳)
みぃちゃん・・メス(4歳)
ブログ内検索
バーコード
アーカイブ
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]